ホーム > 診療の流れ

診療の流れ

診療室

診療の流れ

【STEP1】カウンセリング・主訴の治

痛みや腫れなど、患者さんの一番のお悩みである主訴がある場合は、そこから治療していきます。その後、お口全体の治療においてのご要望や疑問などをしっかりとお伺いするカウンセリングを行います。

【STEP2】診査・診断

お口の中の模型を取ったり、レントゲンやお顔のお写真などを撮影して検査を行います。この際に、正しい噛み合わせの位置を見つけ出すチェックバイトという検査もしています。そして、検査結果を元に、正しい噛み合わせをつくるためにはどんな治療をするべきなのかを考え、治療計画を立てていきます。

【STEP3】治療のご説明

これから行う治療において、内容はもちろん、その治療を行う理由や全身との関わりなどについて、しっかりとお話しさせていただきます。そうして、患者さんにご理解・ご納得いただけた上で治療に入っていきます。

【STEP4】治療

治療計画にご納得いただけましたら、時間をかけて丁寧に治療を進めてまいります。

【STEP5】メンテナンス

治療が完了したら、健康なお口の状態を長く維持していけるよう、定期的なメンテナンスをおすすめしています。

Point1 噛み合わせチェック

<Point1>噛み合わせチェック

一般的な検査と併せて、チェックバイトという咬合チェックを行います。これは、本来の正しい「噛む位置」を見つけ出すもの。ほとんどの患者さんは、現在の噛み合わせが正しい噛み合わせとは異なってしまっているのです。

チェックバイトによって本来の正しい噛み合わせを見つけ出し、現在の噛み合わせをその位置まで合わせていくための治療をしていきます。そうして、本来の正しい噛み合わせをつくるためにはどんな治療を行えばいいのか考えていくのです。悪い噛み合わせのまま放置してしまうと、お口が開かなくなってきたり、耳鳴りがするなど、身体的な症状が現れてしまうことも。

症状が出るまでに正しい位置に合わせていくことで、将来的にお口の健康も身体全身の健康も守っていきましょう。

Point2 患者さんのご理解を何より大切に

Point2 患者さんのご理解を何より大切に

お口全体の噛み合わせを考えた治療をする上で大切なのは、患者さんご自身に噛むときのメカニズムをご理解いただくことです。そのため、模型などを使いながら噛むときに使用する筋肉の使い方や、歯が脳へ感覚を伝達するメカニズムなどをお話ししています。

例えば、歯は一つの感覚組織であり、噛んだものが柔らかいのか、硬いのか。冷たいのか、温かいのか。それらを認識し、その情報を脳まで送る働きを持っています。それは、インプラントや入れ歯では不可能ですよね。そのため、患者さんのお口の中に欠損歯があるのか?ないのか?ということで、全身に機能する噛み合わせのつくりかたが変わってくるのです。

当院では、「患者さん・歯科医師・歯科技工士・歯科医院のスタッフ」、この4者が同じ考えでなければ、いい歯科治療はご提供できないと考えています。治療内容はもちろんですが、その大元となる身体のメカニズムまで丁寧にご説明することで、患者さんの歯科治療に対するご理解を深める。そうして、全員で同じ考え・想いを持って治療を進めていきたいと考えています。

Point3 悪い原因を見つけ出し根本から改善する

Point3 悪い原因を見つけ出し根本から改善する

当院では、痛くなった歯を治すだけの対処療法ではなく、なぜ痛くなったのかという原因を解明して、根本から改善していく歯科治療をご提供しています。

例えば、海の水が汚染されたことで、魚が他の海に逃げてしまった地域があったとします。地域の漁師さんたちが一生懸命海のお掃除をしても、魚は戻ってきません。それはなぜか?海が汚れた原因は、実は海の遥か上にある森の木を切ってしまったことで、雨水などが浄化されることなくそのまま海に落ちてきてしまっているからだったのです。

それでは、いくら海を掃除しても解決されませんよね。このように、どんな物事にも、それが起きた原因があるはずなのです。当院では、海をお掃除するような治療ではなく、山に木を植える治療をしていきたいと考えています。

小清水歯科医院 TEL:046-255-8211
アクセス



■住所
〒252-0011
神奈川県座間市相武台3-26-8

詳しくはこちら