ホーム > 院長紹介

院長紹介

外観

院長あいさつ

院長あいさつ

はじめまして。「小清水歯科」院長の、小清水です。
私は、幼少期に自分自身の歯が悪かったことから歯科医院通いをしていました。その中で、「もっと痛みを抑えられないのか?」、「痛みを取るだけのその場しのぎではない治療はできないのか?」などと、さまざまな疑問を持ったのです。その経験から、「患者さん目線に立った歯科医院」をつくりたいと考え、歯科医師をめざすようになりました。

大学を卒業後、神奈川県本厚木や、東京都渋谷のクリニックにてさまざまな知識、技術を学ばせていただきました。勤務医時代に最も印象に残っているのは、アメリカ・サンフランシスコへの留学です。私は、勤務医として歯科医師を経験していくうちに、ある疑問を抱くようになりました。それは、保険診療と自由診療の違いは何か?ということ。歯を削ったとき、保険診療ならば銀歯を、自由診療ならば白いセラミック歯を入れます。ならば、保険診療と自由診療の違いは、材料なのだろうか?そう考えたとき私は、せっかく医療者となって歯科治療を仕事としていくならば、良質の材料ではなく、高い技術をご提供していきたいと感じたのです。「本物の技術を学びたい!」、そんな一心で、留学を決意しました。

そんな想いで渡ったアメリカで出会ったのが、現在私が専門医資格を取得している「米国OBI」において、恩師と仰ぐ先生でした。その先生の治療を見たとき、「本物に出会った」という感動で、涙を流してしまったことを今でも覚えています。そこから私は、人間が本来持っている能力を最大限に引き出す歯科治療をモットーとした米国OBIの考えのもと、歯科治療を行うようになりました。

当院では、将来的にずっと噛める歯を残していくためにも、神経を残すことから考えて治療を行っています。応急処置ではなく、きちんと最後まで治したい。お口の中全体の健康を守っていきたい。そんな患者さんのご要望にお応えしていける歯科医院です。

患者さん一人ひとりと時間をかけてじっくりと向き合った診療をしていきたいと考えています。そのためにも、開放感のあるオープン個室をご用意し、歯科医師1人に対し患者さんもお一人を原則として診療に当たっています。診療時間をたっぷり設定してご予約もお取りしていますから、患者さんに待合室で長時間お待ちいただくということもございません。

「小清水歯科」は、患者さんにとって最良の治療は何なのか?そのためには、どんな治療をするべきなのか?それを一緒に考え、患者さんご自身にしっかりとご納得いただける歯科治療をご提供していきたいと考えています。生涯、28本すべてを「しっかりと噛める歯」として残していきたい。そんな想いで、日々の歯科治療に取り組んでまいります。

院長経歴

日本歯科大学新潟歯学部卒業
本厚木の歯科医院にて勤務
渋谷の歯科医院にて勤務
米国サンフランシスコにてOBIを勉強
小清水歯科を開院

小清水歯科医院 TEL:046-255-8211
アクセス



■住所
〒252-0011
神奈川県座間市相武台3-26-8

詳しくはこちら